メダカ(めだか)の飼い方 HOME
水草:ウリカワへ進む→
水草:マツモに戻る←
メダカ(めだか)の飼い方 top page
エビモ/メダカと水草の関係・相性

エビモは、世界各地(せかいかくち)の池(いけ)や沼(ぬま)、湖(みずうみ)、小川などにみられる植物(しょくぶつ)で、メダカとの関係(かんけい)は最適(さいてき)で、日本の各地でも多くみられます。
池や沼などで見られるエビモの種類は茶褐色(ちゃかっしょく)になっている場合が多く、川などの流れのある場所で育つエビモは、みどりが濃い(こい)といわれます。
エビモは、水槽での栽培(さいばい)はかんたんで、くきの各ふしに根をつけ、どんどんふえるのでメダカ(めだか)との相性は良いようです。
一定間隔をおいたふしから発根、発芽するのでまとまりがなく、その生長速度の速さから水槽の中のバランスを崩す場合があります。
エビモは、葉のふちが細かいノコギリ状になっており、透明感(とうめいかん)のある明るい緑色(みどりいろ)が美しい水草です。

メダカ(めだか)の飼い方