メダカ(めだか)の飼い方 HOME
水草:ウォータースプライトへ進む→
水草:エビモに戻る←
メダカ(めだか)の飼い方 top page
ウリカワ/メダカと水草の関係・相性

ウリカワは、日本の水田(すいでん)に多くみられる多年草(たねんそう)の水草(みずくさ)でメダカの水槽(すいそう)に入れる水草としては、最適(さいてき)といわれています。
繁殖力(はんしょくりょく)が強く、えいようの吸収(きゅうしゅう)が早いため、強い日光(にっこう)もさえぎり、たいへん丈夫(じょうぶ)な水草です。
以前(いぜん)は、暖かい地方(あたたかいちほう)の水草でしたが、次第(しだい)に北上(ほくじょう)し、北海道(ほっかいどう)でも多く見られるようになった水草です。
ウリカワは、最初(さいしょ)に細長い葉(ほそながいは)が出て、少しずつ葉(は)の数(かず)がふえていきます。
葉は、滑らか(なめらか)で厚み(あつみ)があり、毛はありません。夏になると葉の間から茎(くき)を出し、白い花が咲(さ)きます。