メダカ(めだか)の飼い方
メダカ(めだか)の飼い方 HOME
水草:ウキクサへ進む→
水草:ウリカワに戻る←
ウォータースプライト/メダカと水草の関係・相性
メダカ(めだか)の飼い方 top page

ウォータースプライトは一般的(いっぱんてき)な水性(すいせい)シダの仲間(なかま)で、熱帯魚(ねったいぎょ)のグッピーに良くつかわれる水草(みずくさ)で、メダカの水草としても最適(さいてき)です。
ウォータースプライトは、丈夫な水草で、子株(こかぶ)を出してつぎつぎとふえていき、メダカ(めだか)の産卵用の水草としても良く使われます。
そだてることも、ふやすことも簡単(かんたん)で、水槽(すいそう)の下に植えても、浮き草(うきくさ)として水面(すいめん)に浮かべてもそだてることができます。
シダ類(るい)なので、親株(おやかぶ)の葉(は)から子株(こかぶ)が芽吹(めぶ)いてきますが、環境(かんきょう)が良いばしょでは、おおきくなる場合があります。
水槽(すいそう)のなかで、水草のレイアウトの一部としては、大きくてボリュームが有りすぎるため、使用(しよう)しにくいめんが有ります。
水槽(すいそう)に浮かべて水をきれいにするために取り入れる場合も有ります。