メダカ(めだか)の飼い方 HOME
メダカ(めだか)の飼い方
水草:ガボンバへ進む→
水草:ウキクサに戻る←
メダカ(めだか)の飼い方 top page
アナカリス/メダカ(めだか)と水草の関係・相性

アナカリスは、水質(すいしつ)や水温(すいおん)の変化(へんか)に強く、大変丈夫(たいへんじょうぶ)なので、メダカの飼育(しいく)には最適(さいてき)な水草(みずくさ)のひとつす。
アナカリスは、成長(せいちょう)も早く、どんどん伸びる性質(せいしつ)を持ち、茎(くき)の途中(とちゅう)で切って、砂(すな)の中にさせば簡単(かんたん)に根付(ねづ)きます。
日本名(にほんめい)は「オオカナダモ」といい、ガボンバと同じキンギョモのなかまです。