メダカ(めだか)の飼い方 HOME
ウィローモス/メダカ(めだか)と水草の関係
水草:アンブリアに戻る←

ウィローモスは、日本の川でも見られる水草で、コケのいっしゅです。いろは、こい緑色や黒っぽいものが多く、石などにくっついて育つせいしつがあります。
細かい葉がおいしげるため、水草としてのはなやかさはありませんが、めだかの水槽(すいそう)に入れてやると、めだかの産卵(さんらん)のさいに卵をうみつけたり、稚魚(ちぎょ)のかくればしょになります。
また、ウィローモスは、水のしつをよくするため、底砂(そこずな)がはいっていない水槽(すいそう)に、水を浄化(じょうか)するもくてきで入れることも多い水草です。
ウィローモスは、水中(すいちゅう)にただよったじょうたいでも育ちます。
また、めだかといっしょにエビなどを飼育(しいく)しているばあい、ほじょてきなエサにもなります。
ウィーローモスは、石や木などにくっつくため、他の水草にはないふんいきがでるため、水槽(すいそう)のなかのアクセントになります。

メダカ(めだか)の飼い方 top page
メダカ(めだか)の飼い方