メダカ(めだか)の飼い方 HOME
メダカ(めだか)の飼い方
メダカ(めだか)の飼い方 top page
メダカ(めだか)の冬の過ごし方/冬の飼育方法
メダカの春の迎え方へ進む→
メダカ(めだか)は、さむい冬(ふゆ)になると、ほとんど動きません。ふゆは、さむいのでヒーターがひつようと思われがちですが、きょくたんに昼と夜のおんどがちがう場所に置かない限り、あたためるひつようありません。
メダカ(めだか)は、冬と春のすいおんのへんかを感じとって産卵(さんらん)をしますので、しぜんに近いじょうたいでそだてたほうがよいようです。
冬場(ふゆば)の水槽(すいそう)の置き場所は、部屋(へや)のおんどへんかが少なく、日光(にっこう)があたる場所(ばしょ)を選びます。
だんぼうしている部屋(へや)には、メダカの入っている水槽(すいそう)はおかないようにしたほうがよいといわれていますが、ストーブのちかくに水槽(すいそう)をおかなければ、あまりもんだいはありません。
また、ひるとよるのおんどがちがいすぎると、メダカ(めだか)のたいりょくがうしなわれます。水の温度(おんど)が、10度以下になったら餌(えさ)は、すくなくします。
3月になり、あたたかいひがつづき、水温(すいおん)があがったころに餌(えさ)をあげますが、さいしょは、エサをすこしあたえるだけにして、じょじょにふやしていくほうがよいでしょう。
メダカをちょくせつ手ですくうときに戻る←