メダカ(めだか)の飼い方
メダカ(めだか)の飼い方 HOME
メダカの餌へ進む→
メダカの冬の過ごし方に戻る←
メダカ(めだか)の飼い方 top page
メダカの春の迎え方/春の飼育の仕方・飼育方法
メダカ(めだか)の春の飼育方法は、あたたかくなり、水温(すいおん)が10度以上になったら、冬の間、メダカ(めだか)にほとんどえさをあげていなくても、すいそうのなかはよごれていますのでそうじをします。
このとき、古い水をすいそうからバケツにうつし、底(そこ)にしずんだメダカ(めだか)のフンやよごれをかるく洗い流します。新しい水とぜんぶ入れかえる事はやめましょう。
餌(えさ)は、さいしょは少量(しょうりょう)与え、すこしずつエサのりょうをふやしていくようにします。4月になり、水温(すいおん)もあがり、メダカ(めだか)のうごきがよくなってからエサのりょうと水換え(みずかえ)をふつうにもどします。
メダカ(めだか)にとって春(はる)は、ワタカビ病(びょう)などがでやすいきせつですので、きをつけます。これは水槽(すいそう)の汚れ(よごれ)や、エサのあげすぎで水(みず)が汚れ(よごれ)たりするとでます。
また、ひくい水温(すいおん)のときにエサをあたえすぎるとメダカ(めだか)が病気(びょうき)にかかりやすくなりますのできをつけましょう。
メダカ(めだか)の画像・写真