メダカ(めだか)の飼い方 HOME
メダカの飼い方へ進む→
屋外のベランダで楽しいメダカの飼育(しいく)
メダカのいやしこうかにもどる←

ちいさなビオトープは、とかいのマンションの屋外(おくがい)にあるベランダでもメダカを飼育(しいく)できます。
スイレンばちや丸いプラスチックのはち、ひょうたん池(いけ)を利用(りよう)して、赤玉土(あかだまつち)やジャリをしいて、スイレンやホテイアオイ、オモダカなどのウキクサを入れます。
そこに水を入れてひとばんいじょうおき、よくじついこうにメダカをおよがせると小さなビオトープのできあがりです。
ふつうのクロメダカは、あまり目だちませんが、白めだかやヒメダカなどの明るい色のメダカは、はっきり見えますのでオススメです。
このスイレンばちには、トンボやカがたまごをうみつけるばあいがあり、ボウフラや、メダカのてんてきの「ヤゴ」などがうまれたりしますので、ムシよけアミをかぶせましょう。
また、外でメダカを飼育(しいく)するため、あめがふったり、いいてんきがつづいたりすると、水おんがきょくたんにかわることがあります。メダカは、水おんや水しつのへんかには弱いので、あまよけやちょくしゃにっこうをさえぎるように、おおいをするなどしましょう。
さらに、カラスやネコなどにおそわれることもありますのでちゅういしましょう。

1300年もの伝統(でんとう)ある陶器(とうき)の産地(さんち)でうまれた信楽焼(しがらきやき)でできた手作りの睡蓮鉢(すいれんばち)です。
柔らかい風合いの白色が美しく、メダカを泳がせてみたくなる睡蓮鉢です。

白カスミひねり水鉢(10号)信楽睡蓮鉢

風情(ふぜい)あふれる日本庭園(にほんていえん)にぴったりの本格的(ほんかくてき)な睡蓮鉢(すいれんばち)。
陶器(とうき)でできているため、日本情緒(にほんじょうちょ)をあじわえ、「和」のイメージを演出(えんしゅつ)してくれます。
ホテイアオイや水草(みずくさ)をいれてメダカを飼育(しいく)してみましょう。
和風(わふう)テイストのベランダにもおにあいな睡蓮鉢(すいれんばち)です。

睡蓮鉢/はす鉢/メダカ鉢(10号)(天目)

お買い得なスイレン鉢(ばち)の2個セットです。
プラスチックで軽いため、持ち運びに便利。2個セットになっているため、メダカが繁殖(はんしょく)して、卵(たまご)を産んだら、予備の一個に入れて育てるなど、いろいろ利用できます。
ちょっとベランダのすみや庭(にわ)においてみようかな、という人にぴったり。

2個セット エコプラ41睡蓮鉢薄青 410×200h

メダカ(めだか)の飼い方 top page
メダカ(めだか)の飼い方