メダカ(めだか)の飼い方 HOME
水草のじょうずな育て方・飼育方法→
メダカ(めだか)の飼い方 top page
水草のじゅうようなやくめ

水草(みずくさ)は、めだかにとってじゅうようなやくめを持っています。
水槽(すいそう)のなかに水草があると、めだかのかくれが(にげばしょ)ができ、めだかたちが、ゆったりと落ちついて生活(せいかつ)することができます。
また、めだかは、水のなか酸素(さんそ)をからだのなかに取り入れ、二酸化炭素(にさんかたんそ・たんさんガス)を出します。
めだかが出した、にさんかたんそを水草は、ぎゃくに取り入れて酸素(さんそ)を水のなかに出してくれるため、めだかにとって、良い環境(かんきょう)を作ってくれます。
さらに水草は、めだかのフンやエサの食べ残しから発生するアンモニアや硝酸塩(しょうさんえん)も養分(ようぶん)として取り入れますので、水槽(すいそう)の水をきれいに保つ(たもつ)ことができます。

トップページメダカの癒し効果メダカ(めだか)の飼い方メダカの受け入れ方水の換え方冬の過ごし方春の迎え方メダカのエサ産卵と稚魚(ちぎょ)の成長オスとメスの見分け方メダカの一生水槽の選び方ヒーターろかそうちメダカのとくちょうメダカの映像ヤマトヌマエビとタニシメダカのてんてきうちゅうメダカカダヤシドジョウ水草の役割マツモエビモウリカワウォータースプライトウキクサアナカリスガボンバアンブリア