インドメダカは、インドなどにせいそくしているニホンメダカに近いしゅるいのメダカです。
インドメダカのみためは、ニホンメダカよりジャワメダカにちかく、ニホンメダカとひかくすると、ながさはおなじくらいなのですが、からだのたかさがニホンメダカよりたかいのがとくちょうです。
目(め)はブルーなので、べつめいをインドランプアイとよばれることがあります。
汽水域(きすいいき)にもせいそくするため、塩分(えんぶん)につよく、海(うみ)にちかい川の下流(かりゅう)にもすんでいます。
インドメダカの飼育(しいく)はかんたんで、水のよごれにきをつければだいじょうぶなようです。
エサは、メダカのエサやアカムシ、イトミミズ、ミジンコなどでよく、繁殖(はんしょく)させることも、水草(みずくさ)を多めにいれておけばかんたんにできます。

メダカの種類(しゅるい)
ニホン メダカ(クロ メダカ)
ヒメダカ
青メダカ(あお めだか)
アルビノメダカ
透明メダカ(とうめい めだか)
セレベスメダカ
白メダカ(しろ めだか)
楊貴妃(ようきひ)メダカ
ハイナンメダカ
ジャワメダカ
スラウェシコモリメダカ
インドメダカ
マーモレイタスメダカ
メコンメダカ
フィリピンメダカ
ニグリマスメダカ
スラウェシコモリメダカ/めだかの種類
メダカ(めだか)の飼い方 HOME
メダカ(めだか)の種類にもどる←
メダカ(めだか)の飼い方
メダカ(めだか)の飼い方 top page