マーモレイタスメダカは、インドネシアのスラウェシ島(セレベス島)のトウチ湖(こ)やマハロナ湖(こ)にせいそくするメダカです。
全長約4cm〜5cmくらいで、あたまがちいさく、からだがふっくらしているのが特徴(とくちょう)のメダカです。
マーモレイタスメダカは、水深(すいしん)のふかいばしょにせいかつしています。白くて、うつくしいメダカで、大理石(だいりせき)のようなもようがあります。

※スラウェシ島は、インドネシアのちゅうぶにあるしまで、しょくみんちじだいはセレベス島とよばれていましたが、インドネシアどくりつごはスラウェシ島とよばれています。

メダカの種類(しゅるい)
ニホン メダカ(クロ メダカ)
ヒメダカ
青メダカ(あお めだか)
アルビノメダカ
透明メダカ(とうめい めだか)
セレベスメダカ
白メダカ(しろ めだか)
楊貴妃(ようきひ)メダカ
ハイナンメダカ
ジャワメダカ
スラウェシコモリメダカ
インドメダカ
マーモレイタスメダカ
メコンメダカ
フィリピンメダカ
ニグリマスメダカ
マーモレイタスメダカ/めだかの種類
メダカ(めだか)の飼い方 HOME
メダカ(めだか)の種類にもどる←
メダカ(めだか)の飼い方
メダカ(めだか)の飼い方 top page