メダカ(めだか)の飼い方 HOME
メダカ(めだか)の種類にもどる←
メダカ(めだか)の飼い方
メダカ(めだか)の飼い方 top page
フィリピンメダカ/めだかの種類
フィリピンメダカは、フィリピンのルソン島の北部(ほくぶ)に生息(せいそく)しているフィリピンの固有種(こゆうしゅ)です。
体長(たいちょう)は、やく4cmくらいで、ルソン島(るそんとう)にいるため、べつめい「ルソンメダカ」ともよばれます。
からだのいろは、はいいろで、おびれとしりびれのふちが、すこしオレンジっぽくなります。
フィリピンメダカは、ニホンメダカとおなじように、おがわやたんぼ、いけなどにすんでいます。

メダカの種類(しゅるい)
ニホン メダカ(クロ メダカ)
ヒメダカ
青メダカ(あお めだか)
アルビノメダカ
透明メダカ(とうめい めだか)
セレベスメダカ
白メダカ(しろ めだか)
楊貴妃(ようきひ)メダカ
ハイナンメダカ
ジャワメダカ
スラウェシコモリメダカ
インドメダカ
マーモレイタスメダカ
メコンメダカ
フィリピンメダカ
ニグリマスメダカ