ニグリマスメダカは、スラウェシ島(セレベス島)ちゅうぶにあるポソ湖にせいそくするメダカです。
ニグリマスメダカのオスは、ほかのオスに勝って(かって)じぶんのなわばりがひろくなると、いろがくろくなるとくちょうがあります。
おおきさは、ぜんちょうやく4.5cmくらいになります。

※スラウェシ島は、インドネシアのちゅうぶにあるしまで、しょくみんちじだいはセレベス島とよばれていましたが、インドネシアどくりつごはスラウェシ島とよばれています。

メダカの種類(しゅるい)
ニホン メダカ(クロ メダカ)
ヒメダカ
青メダカ(あお めだか)
アルビノメダカ
透明メダカ(とうめい めだか)
セレベスメダカ
白メダカ(しろ めだか)
楊貴妃(ようきひ)メダカ
ハイナンメダカ
ジャワメダカ
スラウェシコモリメダカ
インドメダカ
マーモレイタスメダカ
メコンメダカ
フィリピンメダカ
ニグリマスメダカ
ニグリマスメダカ/めだかの種類
メダカ(めだか)の飼い方 HOME
メダカ(めだか)の種類にもどる←
メダカ(めだか)の飼い方
メダカ(めだか)の飼い方 top page