メダカ(めだか)の飼い方 HOME
メダカ(めだか)の飼い方
メダカ(めだか)の飼い方 top page
宇宙メダカ

1994年、アメリカのスペースシャトル「コロンビア号」で実施(じっし)された微小重力実験室(びしょうじゅうりょくじっけんしつ)で、向井千秋(むかいちあき)さんが、4ひきのめだかでじっけんをしました。このメダカは脊椎動物(せきついどうぶつ)として、宇宙(うちゅう)ではじめての産卵(さんらん)をしました。
無重力(むじゅうりょく)の宇宙(うちゅう)では、つうじょうのメダカは、ふつうに泳げずグルグル回ってしまいます。宇宙につれていかれたメダカは、無重力(むじゅうりょく)の状態(じょうたい)でもふつうに泳げる、とくべつに選ばれたメダカたちでした。
このめだかたちが、うちゅうで飛行中(ひこうちゅう)に産卵(さんらん)した卵(たまご)は、ぜんぶで43個。そのうちの8個がうちゅうで孵化(ふか)し、稚魚(ちぎょ)になり、残りのうち、5個は死んでしまいましたが、30個は地球(ちきゅう)にもどってから孵化(ふか)しました。
この宇宙メダカの子孫(しそん)は、日本各地(にほんかくち)のだいがくやけんきゅうじょ、小学校などにくばられ、いまも子孫(しそん)をふやしつづけています。
日本科学未来館(にほんかがくみらいかん)には、この時の実験装置(じっけんそうち)といっしょに宇宙メダカの子孫(しそん)がこうかいされています。

トップページメダカの癒し効果メダカ(めだか)の飼い方メダカの受け入れ方水の換え方冬の過ごし方春の迎え方メダカのエサ産卵と稚魚(ちぎょ)の成長オスとメスの見分け方メダカの一生水槽の選び方ヒーターろかそうちメダカのとくちょうメダカの映像ヤマトヌマエビとタニシメダカのてんてきうちゅうメダカカダヤシドジョウ水草の役割マツモエビモウリカワウォータースプライトウキクサアナカリスガボンバアンブリア