テトラ キリミン 185g メダカのえさ

メダカ(めだか)のフレークタイプ主食(しゅしょく)フードで、まいにちのように産卵(さんらん)するメダカのため、蛋白質(たんぱくしつ)、脂質(ししつ)ともにおおくふくまれ、34しゅのげんりょうで、栄養(えいよう)たっぷりな餌(エサ)です。

※「メダカの飼い方・飼育」サイト管理人(かんりにん)は、2013年4月8日に買って(かって)ためしています。メダカがよろこんで食べています。水(みず)にとけにくいタイプなので、水をよごしません。

メダカ(めだか)の餌(エサ)は、ペットショップやホームセンターなどでメダカの餌(えさ)として売られているもの(キョーリン、テトラ、コメットなどのメーカーで出しているもの)やグッピーなどの熱帯魚用(ねったいぎょよう)のエサをあたえます。
ホームセンターなどで、プライベートしょうひんとして安く(やすく)販売(はんばい)しているメダカ(めだか)の餌(エサ)のなかには、水(みず)にとけやすくなっているものがあって、なかには水をよごす餌(エサ)がありますのできをつけましょう。
メダカは水の上にういたエサを食べるように口が上むきになっています。メダカの餌(えさ)として売られているものは浮くようになっていますし、フレーク状の餌も細かくつぶして与えれば、しばらくは浮いています。
食べのこしたエサを放置(ほうち)しておくと水がよごれるので、メダカが2〜3分で食べきれるくらいのりょうを与えるようにしましょう。
自然界(しぜんかい)では、メダカは、蚊(か)の幼虫(ようちゅう)のボウフラをこのんで食べます。また、ミジンコやイトミミズなども大好物(だいこうぶつ)です。
水かえをした日は、かんきょうが変わるため、メダカがストレスを感じています。そのため、エサをたべのこしたりするため、メダカにエサをあげないようにします。

キョーリン飼育教材 メダカのエサ 50g

キョーリンのメダカ(めだか)のエサは、水(みず)にとけにくいため、飼育水(しいくすい)をよごすことなく安心(あんしん)してつかえます。

※「メダカの飼い方・飼育」サイト管理人(かんりにん)も利用(りよう)しています。
いぜん、ある有名(ゆうめい)ホームセンターのプライベートブランドの100円くらいのエサをつかったこともあるのですが、水(みず)にとけやすくいため、よごれやすく、使用(しよう)するのをやめました。

テトラ キリミンブライト 88g

メダカ(めだか)の飼い方 HOME
水おんとエサやりのかんけいへ進む→
すべてのメダカ(めだか)のフレークタイプ主食(しゅしょく)フード。
輝き(かがやき)成分である、グアニンをほうふにふくみ、メダカほんらいの美しさ(うつくしさ)をたもちます。青メダカや白メダカ、光メダカに最適(さいてき)です。
アミノ酸(あみのさん)バランスにすぐれた良質(りょうしつ)な蛋白質(タンパクしつ)をほうふにふくみ、元気(げんき)で丈夫(じょうぶ)なメダカ(めだか)をつくります。
メダカの春の迎え方に戻る←
メダカ(めだか)の飼い方
メダカ(めだか)の飼い方 top page
メダカの餌(エサ)の与え方・エサやりの仕方・方法