テトラ金魚・メダカ飼育セット
AG31−GF

コンパクトでスタイリッシュな12リットルサイズの水槽(すいそう)。
メダカ初心者(しょしんしゃ)でも簡単(かんたん)に飼育(しいく)がスタートできます。
外掛け式(そとがけしき)フィルターがついているのでおすすめのセットです。このフィルターのみ購入(こうにゅう)しましたが、じっさいにつかってみて、音(おと)がしずかで、かいてきなフィルターです。
送料無料(そうりょうむりょう)はみりょくてき。
メダカ(めだか)の飼い方 HOME
メダカ(めだか)の飼い方
メダカ(めだか)の飼い方 top page

テトラ スマートメダカ飼育セット
SP-17KF

メダカ(めだか)の水槽の選び方/屋内飼育
フィルターが水槽(すいそう)のなかにおさまるので、ばしょをとらず、どこにでもじゆうにおける、コンパクト水槽(すいそう)セット。
バイオバッグできょうりょくな濾過(ろか)をじつげんした、スマートフィルターさいよう。エアーポンプつき。ようりょうやく5リットルとすこしちいさいかも。ペットボトルで飼育(しいく)するよりはよいでしょう。

※アマゾンの口コミにでているとおり、濾過器(ろかき)のそくめんにメダカがはいって、でられないことがあるようです。また、すこしちいさめにつくられているため、きゅうくつなかんじがするとのことです。送料無料(そうりょうむりょう)はみりょくてき。

メダカ(めだか)を屋内(おくない)で飼育(しいく)する水槽(すいそう)は、しっかりとした、丈夫(じょうぶ)なものを選ぶようにしましょう。
水槽(すいそう)のおおきさは、できるだけゆったりとした、おおきいものをえらんだほうが、めだかにとってはよい環境(かんきょう)になります。
家庭用(かていよう)では、幅(はば)30cm〜60cmくらいの水槽(すいそう)がふつうのおおきさです。
そこに砂利(じゃり)や砂(すな)、枯れ木(かれき)、水草(みずくさ)などを入れ、そこにくみおきの水をそっと入れ、1じかんいじょうおいてから、めだかをいれます。
メダカ(めだか)を長生き(ながいき)させるには、水槽(すいそう)をおおきめにし、メダカ(めだか)の数(かず)をすくなくします。
水草(みずくさ)を多く入れ、濾過装置(ろかそうち)やエアーなどをセットすると水(みず)をいつもきれいにしておくことができます。