メダカ(めだか)の飼い方 HOME
メダカ(めだか)の飼い方
メダカ(めだか)の飼い方 top page

5月の飼い方

6月の飼い方

7月の飼い方

8月の飼い方

9月の飼い方

10月の飼い方

11月の飼い方

12月の飼い方

11月になると、かなり水おんが低くなり、メダカのしょくよくや動きがさらににぶくなるため、せいちょうがわるくなってしまいます。
このじきのエサやりは、メダカがやせないていどのエサをあたえるくらいで、大きくせいちょうさせることは考えないようにしましょう。
また、日照時間(にっしょうじかん)が短くなるため、エサやりの時間にも気をつけるひつようがあります。
エサの与え方は、朝の8時くらいから夕方は、3時半くらいまでに2回ほどあたえ、1回のりょうも少なめにします。
外でメダカを飼育(しいく)しているばあいは、天気がわるくて水温がひくいようでしたらエサをあたえないほうが良いようです。このとき、青水をつかっていると、メダカは青水のなかの植物(しょくぶつ)プランクトンをたべます。
11月の水かえは、3分の1くらいを2週間に一度くらいのペースでおこないます。
外でメダカを飼育している場合は、夕方からよく日の朝までおおいをかぶせましょう。

メダカ/11月の飼い方

1月の飼い方

2月の飼い方

3月の飼い方

4月の飼い方