メダカ(めだか)の飼い方 HOME
メダカ(めだか)の飼い方
メダカ(めだか)の飼い方 top page
メダカ/1月の飼い方

1月になると、水おんがひくくなるため、メダカはほとんどうごかなくなり、冬眠(とうみん)をするため、水かえをしません。このじきは、エサをまったくあたえず、青水のなかのしょくぶつプランクトンのみでメダカは生きていけます。
水かえをしないこのじきにエサをあたえると、フンや食べかすで水しつが悪くなり、メダカのちょうしがわるくなります。
しかし、メダカを飼育(しいく)している水が、青水(あおみず)でないばあいは、晴れたあたたかい日のお昼ころに、メダカがうごいているとき、ほんの少しだけエサをあたえてみます。このとき、エサを食べないようでしたら、すぐにとりのぞきます。
メダカが冬眠中(とうみんちゅう)であっても、水はじょうはつします。水かえは行いませんが、じょうはつした水は、足してあげましょう。
外でメダカを飼育(しいく)している場合は、ぜんたいにおおいをしますが、晴れた日は、おおいを外して日光よくをさせるとけんこうてきです。

1月の飼い方

2月の飼い方

3月の飼い方

4月の飼い方

5月の飼い方

6月の飼い方

7月の飼い方

8月の飼い方

9月の飼い方

10月の飼い方

11月の飼い方

12月の飼い方